So-net無料ブログ作成
検索選択

外相、防衛相とも中国に不快感 中国艦載ヘリの海自艦への異常接近で再抗議(産経新聞)

 中国海軍の艦載ヘリコプターが2度にわたり海上自衛隊の護衛艦に異常接近した問題をめぐり、岡田克也外相は23日の記者会見で、「必要な防衛措置だ」とする中国政府に対して、「日本側は必要な監視行為を行っていた(だけだ)。危険なことでもなければ、法に違反することでもない。中国側の説明に、われわれは必ずしも納得していない」と不快感を表明した。日本政府は同日までに中国側へ再度抗議した。

 防衛省などによると、中国政府は22日夕、これまでの日本政府の抗議に対し、「日本の警戒監視活動に対する必要な防衛処置をとった」との反論を北京の日本大使館に伝えた。日本政府は「わが方の活動は正常な行為だ」と反論、改めて抗議し、再発防止を求めた。

 中国艦艇10隻は7日から9日まで東シナ海で演習を実施。10日に沖縄本島と宮古島の間を南下し、沖ノ鳥島(東京都小笠原村)西方海域で活動していた。この間、中国の艦載ヘリが8日と21日の2回、監視中の海自護衛艦の約90メートルまで接近した。日本政府は「安全航行上、危険な行為だ」として抗議していた。

 北沢俊美防衛相も23日午前の記者会見で、「両国の良好な関係を阻害する。お互い偶発的なことが起きないように対応しないといけない」と述べた。

【関連記事】
中国政府の正当化、防衛相が再抗議 護衛艦へのヘリ近接飛行「極めて危険」
中国艦艇10隻、帰投か 防衛省発表 沖縄通過、東シナ海へ
中国ヘリ異常接近 危険な挑発行為非難する
「公海上の恒例の訓練」中国外務省 中国紙は「日本は神経質」
中国艦艇 沖ノ鳥島近海で活動継続 自民党、発表遅れを追及 

「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)
タクシー襲い、売上金強取=男3人逃走、運転手重傷−警視庁(時事通信)
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道(産経新聞)
「和解協議向け動いてる」=細野副幹事長、原告と面会−B型肝炎訴訟(時事通信)



<名古屋市版レッドリスト>「絶滅」に13種追加(毎日新聞)

 名古屋市は19日、市内で絶滅の恐れのある野生の動植物をまとめた「名古屋市版レッドリスト2010」を発表した。04年度の「レッドデータブックなごや」を見直し、新たに「絶滅」に13種を追加。前回以降の調査で一部の生息が確認された種もあり、絶滅種は87種から96種になった。一方、前回「情報不足」とされていた国の特別天然記念物ニホンカモシカが同市守山区で生息が確認され「準絶滅危惧(きぐ)」に分類された。

 市生物多様性企画室によると、既に絶滅した維管束植物(シダ植物、種子植物)は計75種。新たに加わったスイレン科のヒメコウホネは水質汚濁、シソ科のミズトラノオは水田耕作放棄が絶滅の原因とされた。一方、動物はアオハダトンボなどが加わり21種だった。また「絶滅の恐れのある種」は見直し前の278種から345種になった。

【関連ニュース
鯨肉:ソウルで提供 日本の調査捕鯨もの密輸か…米大学
米国:禁止の鯨肉提供、米すし店を訴追 連邦検事局
質問なるほドリ:クロマグロはなぜワシントン条約の議題に…=回答・太田圭介
地球と暮らす:/102 ボルネオ保全トラストジャパン 熱帯林保護は恩返し
鯨肉:調査捕鯨の肉、密輸か 日本からソウルへ 遺伝子解析で酷似

J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)
愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
切手7530円分着服、書記官を免職=横領容疑で告発も−岐阜地裁(時事通信)
里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)



首相動静(4月16日)(時事通信)

 午前7時17分から同8時4分まで、公邸で松野頼久、松井孝治両官房副長官。同7分、公邸発。「水俣病救済方針が閣議決定されるが」に「これまで苦しみ抜かれた方々を考えると、国として改めておわび申し上げる」。同9分、国会着。同10分、院内大臣室へ。同16分、閣議開始。
 午前8時41分、閣議終了。同42分から同44分まで、北沢俊美防衛相、平野博文、松井正副官房長官。同45分、院内大臣室を出て、同46分、国会発。同48分、官邸着。同50分、執務室へ。
 午前8時51分から同9時13分まで、松野官房副長官。
 午前9時20分から同41分まで、松井官房副長官。
 午前10時23分から同59分まで、広島市の秋葉忠利市長、藤田博之市議会議長。空本誠喜民主党衆院議員同席。
 午前11時1分、執務室を出て、同2分、特別応接室へ。連合の古賀伸明会長、原水爆禁止日本国民会議の藤本泰成事務局長、核兵器禁止平和建設国民会議の沢田和男副議長の表敬。松井官房副長官同席。同20分、特別応接室を出て、同21分、執務室へ。
 午前11時36分、執務室を出て、同37分、官邸発。同39分、国会着。衆院参観者ホールで自身の後援会関係者らと懇談、記念撮影。同52分、国会発。同54分、官邸着。同56分、執務室へ。
 午後0時7分、執務室を出て首相会議室へ。同35分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院本会議場へ。同1時3分、衆院本会議開会。
 午後4時、衆院本会議散会。同1分、衆院本会議場を出て、同2分、国会発。同3分、官邸着。同5分、執務室へ。
 午後4時15分、執務室を出て特別応接室へ。同17分、ブータンのティンレイ首相との首脳会談開始。
 午後4時48分、首脳会談終了。同49分、特別応接室を出て執務室へ。
 午後4時50分から同5時12分まで、「新しい日本をつくる国民会議」の西尾勝共同代表ら。古賀連合会長同席。同14分、執務室を出て大会議室へ。同15分、月例経済報告関係閣僚会議開始。
 午後5時50分、同会議終了。同54分、同室を出て、同55分、執務室へ。
 午後6時12分、執務室を出て、同13分、特別応接室へ。同14分から同20分まで、報道各社のインタビュー。「10億円を超える母親からの資金提供の使途が明らかになっていない状況で、すべてが決着したと言えるのか」に「国民の皆さんに対しては説明をするべきことは残っていると思う」。同21分、同室を出て、同23分、官邸発。同27分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂着。同ホテル内の宴会場「新緑」で日中韓大学間交流・連携推進会議レセプションに出席し、あいさつ。
 午後7時18分、同所発。同26分、東京・赤坂の日本料理店「あかさか弥市」着。菅直人副総理兼財務相、丹呉泰健財務事務次官らと食事。
 午後9時34分、同所発。同43分、公邸着。
 17日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

首相はつらいよ? =山田洋次監督が激励(時事通信)
<1Q84>「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
首相退陣なら衆参同日選も=仙谷氏(時事通信)
天下りの塔 事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
<女児重体>体にあざの3歳児が意識不明 虐待の可能性も(毎日新聞)



「カジノ議連」発足 東京?沖縄?北海道? 当面の2カ所、焦点(産経新聞)

 超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(古賀一成会長)は14日、設立総会を開き、民主、自民、公明、社民、国民新、みんなの各党から74人の議員が参加した。議連は民主党のカジノ合法化法案の原案をもとに法制化を検討、早ければ秋の臨時国会に議員立法で提出、成立を目指す。当面の設立先は2カ所とし、候補地には東京都沖縄県、北海道が浮上している。(高橋昌之)

 ◆厳格な運用

 カジノは120カ国以上で合法化され、各国の観光客誘致が激化している。こうした国際情勢を踏まえ、日本の観光立国にはカジノ合法化が不可欠との判断から、同議連が発足した。

 民主党の原案は、カジノについて「国民の不安を払拭(ふっしょく)する仕組みを前提とし、健全なエンターテインメント娯楽とする」とし、カジノを中心にホテルやショッピングセンター、見本市会場などを含めた総合的リゾート施設を建設する内容。

 カジノエンターテインメントの施行主体は地方公共団体とし、国の主務大臣(国土交通相など)が指定。地方公共団体はカジノ施設を運営する民間事業者を公募、選定し、民間事業者は国の機関として設立されるカジノ管理機構に申請、監査を受けたうえで認証される。同機構は警察と協力し、違法行為の摘発、監視にあたる。

 また、カジノ施設の開発や運営にあたっては天下りなどを認めないほか、国民の税金も用いず、収益は国民に還元する。カジノ合法化には一部に「青少年に悪影響を与える」「多重債務者を増やす」などの懸念もあるが、法案では施設の立ち入りを厳格に制限し、こうした懸念を払拭する。

 ◆首長ら意欲

 カジノが合法化されれば「どこに設立されるのか」が関心の的になる。民主党案は施行地域について「当面2カ所、最大10カ所とし、段階的に実施する」としている。

 当面の設立先の最有力候補は東京都。海外からの旅行者の玄関口で、東京全体がもつ総合的なエンターテインメント性が理由だ。具体的な地域にはお台場地区が候補にあがっている。

 次に有力なのは沖縄県。カジノの設立は「沖縄振興策の重要な柱になりうる」(議連幹部)からだ。北海道も広大な自然や温泉などがあり、候補地としてあがっている。

 その後、段階的に最大10カ所に設置する方針だが、カジノ誘致には大阪府の橋下徹知事ら多くの自治体の首長が意欲を示しており、誘致合戦が激化しそうだ。

日中首脳会談 死刑執行には言及せず(産経新聞)
<北海道4歳児虐待死>否認の男に懲役8年 旭川地裁判決(毎日新聞)
伊丹空港旅客数、リニア開業後「半減」 関経連試算は兵庫と隔たり(産経新聞)
普天間基地移設先には触れず 鳩山首相、理解が得られたと手応え強調(産経新聞)
<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)



特養の介護職員の医療行為「許容」で通知―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省医政局は4月1日付で、一定の研修を受けた特別養護老人ホームの介護職員が、胃ろうによる経管栄養や口腔内の吸引を実施することを「許容」する通知を各都道府県知事にあてて出した。

 通知で認められたのは、特養で行われる口腔内のたんの吸引(咽頭の手前まで)と、胃ろうによる経管栄養(チューブ接続などは看護職員の業務)。また、実施に当たっては、モデル事業(12時間の研修を受けた看護師が施設に戻り、介護職員に対して14時間の研修を行う)と同等の研修が必要としている。入居者本人(本人に同意する能力がない場合は、その家族など)が書面で同意する意思を示す必要がある。

 その他の実施条件として、▽医師の指示の下、看護師と連携しながら実施する▽たんの吸引等に関して、一般的な技術の手順書が整備され、適宜更新されている▽ヒヤリ・ハット事例の蓄積・分析など、定期的な実施体制の評価・検証が行われている▽たんの吸引などが必要な入所者ごとに、個別具体的な計画が整備されている▽安全確保のための体制整備を行うため、施設長の統括の下、施設内委員会が設置されている―なども示された。


【関連記事】
特養の介護職員による吸引や経管栄養、一定条件で可能に
特養の介護職員の医療行為は「緊急避難」
特養の医行為モデル事業、介護職員の業務範囲は?
介護職員による吸引と経管栄養を試行へ―特養の医行為モデル事業
看護職の9割が介護職の喀痰吸引に賛成―全老施協調査

「友人からもらった」大麻所持で中3女子逮捕(読売新聞)
<ネット名誉棄損訴訟>接続業者にも開示義務 最高裁初判断(毎日新聞)
クラゲ展示 ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
「冷泉家 王朝の和歌守」展 京都文化博物館 日本人の美意識に触れる(産経新聞)
きらやか銀と取引=放火の67歳男、動機黙秘−山形県警(時事通信)



職場がん検診「受けたい」97%=実施2割、情報不足も−官民プロジェクト調査(時事通信)

 職場でがん検診があれば受けたい人が97%に上るのに対し、実際に行われているとの回答は2割強しかないことが、受診率向上を目指す官民プロジェクト「がん検診企業アクション事務局の調査で分かった。検診が実施されているか分からないとの回答もあり、情報不足もうかがえた。
 日本はがん検診の受診率が2〜3割程度と低く、国のがん対策推進基本計画は受診率50%以上を目標に掲げている。
 調査は3月、全国の20〜40代の会社員男女400人を対象に実施。94%の人が定期的にがん検診を受けるべきだと思っているものの、実際に受けているのは13%、一度でも受けたことがある人を含めても3割止まりだった。 

【関連ニュース
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査
大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合
日本女性も飲み過ぎ注意=乳がんリスク上昇

「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)
普天間移設、政治的条件も重視=岡田外相に米国防長官(時事通信)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)



<訃報>小林章男さん88歳=選定文化財保存技術保持者(毎日新聞)

 小林章男さん88歳(こばやし・あきお=選定文化財保存技術保持者)27日、ぼうこうがんのため死去。葬儀は30日午前11時、奈良市佐保台1の3574の4のならやま会館。自宅は同市西新在家町17。喪主は次男健一(けんいち)さん。

 鬼瓦を中心に屋根瓦を製作。76〜78年には、東大寺(奈良市)の大仏殿昭和大修理屋根ふき替え工事特別委員長を務めた。

Nokia、09年携帯市場シェア予測を34%へ下方修正
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円(産経新聞)
“昼宴会” ちょっとお得・集まりやすい…人気(産経新聞)
校長と引率教諭を略式起訴=小6天窓転落死−東京地検(時事通信)
東京メトロ・丸ノ内線運転見合わせ…ホームドア点検(読売新聞)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。