So-net無料ブログ作成
検索選択

職場がん検診「受けたい」97%=実施2割、情報不足も−官民プロジェクト調査(時事通信)

 職場でがん検診があれば受けたい人が97%に上るのに対し、実際に行われているとの回答は2割強しかないことが、受診率向上を目指す官民プロジェクト「がん検診企業アクション事務局の調査で分かった。検診が実施されているか分からないとの回答もあり、情報不足もうかがえた。
 日本はがん検診の受診率が2〜3割程度と低く、国のがん対策推進基本計画は受診率50%以上を目標に掲げている。
 調査は3月、全国の20〜40代の会社員男女400人を対象に実施。94%の人が定期的にがん検診を受けるべきだと思っているものの、実際に受けているのは13%、一度でも受けたことがある人を含めても3割止まりだった。 

【関連ニュース
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査
大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合
日本女性も飲み過ぎ注意=乳がんリスク上昇

「伯母死んだ」4回、ウソ忌引で県職員を処分(読売新聞)
10年度予算「あり得ない姿」=仙谷担当相(時事通信)
普天間移設、政治的条件も重視=岡田外相に米国防長官(時事通信)
「車内ゴミ散乱、ライターも?」4児死亡の父親(読売新聞)
国歌斉唱「声小さい」 橋下知事、任命式で一喝(産経新聞)


2010-04-06 16:49  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。