So-net無料ブログ作成

<チリ地震>24時間態勢で情報収集…岩手県(毎日新聞)

 27日未明、南米チリで発生したマグニチュード(M)8.8の大地震。1960年のチリ地震による津波で大きな被害が出た太平洋岸の自治体なども警戒と情報収集を進めた。

 漁船などに安全情報を伝えている青森県八戸市の県八戸漁業用海岸局によると、チリの北側に隣接するペルー沖合で、八戸みなと漁協所属の大型イカ釣り漁船「第21稲荷丸」が操業中。27日午後8時半ごろ、津波の情報を無線連絡すると、「異常はない」と返信があった。引き続き定期連絡するよう伝えたという。

 岩手県の総合防災室には地震発生後、7人ほどの職員が駆け付けた。通常より1人多い3人が24時間態勢で情報収集を続けており、担当職員は「28日午前の状況次第で改めて態勢を取る」と話した。【喜浦遊、清藤天】

【関連ニュース】
チリ地震:支援準備を…鳩山首相が指示
地震:チリでM8.8…死亡78人確認 首都でも建物被害
チリ地震:首都「すごい揺れだった」…建物崩壊、停電
チリ地震:100〜150年間隔でM8超…チリ中南部沖
チリ地震:津波、日本到達の可能性も…28日午後1時すぎ

砂浜にいた女児を抱き上げる 暴行容疑で警視庁職員を逮捕(産経新聞)
「日本医学健康管理評価協議会」を設立−日医など10団体(医療介護CBニュース)
<寛永通宝>地域通貨で使用へ 香川・観音寺市で計画(毎日新聞)
<アグネスさん>ソマリア視察終える 日本ユニセフ大使(毎日新聞)
郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)


2010-02-28 06:18  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。